新郎新婦も号泣 泣けたサプライズムービー

大学時代の鉄道同好会で知り合って親友になった新郎新婦から、結婚式の招待状が届いたので、鉄道同好会で式に招待されたメンバーで、余興の時に流すサプライズムービーを業者に委託してつくる事になりました。出来れば新郎新婦には内緒で感動のサプライズムービーを撮りたかったので、新郎新婦にも参加してもらって夫婦のなり染めなど良くあるムービーを撮影した後に、新郎新婦の親戚にも参加してもらって感動させて泣かせてやろうとみんなで意見を出し合って映像制作会社に頼みました。

出来れば鉄道好きの新郎新婦にも喜んでもらえるように、全国の珍しいの鉄道が走っている所に行って、鉄道の動画を撮って来ました。その撮影してきた動画作品を映像制作会社に担当スタッフに渡して、親戚全員の新郎新婦へのお祝いコメントを言うシーンの間に上手く入れてもらって動画を編集してもらいました。

動画制作会社の担当スタッフが編集してくれたムービー映像を見て、納得いくまで手直しして式の1週間前までにどうにか納得の行く結婚式の余興に感動のサプライズムービーが出来ました。
結婚式の当日には、みんなで歌を歌ったり様々な余興をして大爆笑させたり楽しく盛り上げたり、ケーキ入刀や衣装替えを行って式が中盤に差し掛かった頃に、式場の大画面で新郎新婦に一番よく見える位置に大型スクリーンを設置して参加者みんなで作ったサプライズムービーを上映しました。初めは新郎新婦の知り合ったきっかけのイベントやなりそめについて語った後に、全員のコメントを撮影した感動の別撮りムービーを上映しました。

元々涙腺が緩くなっていた新郎新婦は、立て続けに親戚や鉄道同好会のメンバーからのお祝いのメッセージを聴いているうちに涙を流し始めて、新郎新婦を号泣させ続けました。
最後に新郎新婦のお互いの両親のお祝いの言葉が始まると、余りの感動で顔中涙でぐちょぐちょになっていて、これだけ感動してくれたら成功だとみんなでガッツポーズをして喜びました。
動画を見て感極まっている新郎新婦に、司会から「次は新郎新婦の両親への感謝状を読み上げます」と言われて、涙を流しながら新郎新婦の両親への感謝状を読み上げて行きました。
新郎新婦とその両親の感動の涙を見て、結婚式の雰囲気も感動に包まれて、参加者全員が新郎新婦とその両親の号泣を見て感動できて、すごく美味しいお酒や料理を楽しめました。
プロの映像撮影会社に頼んだのでサプライズムービーにかなりお金が掛かりましたが、感動できたので頼んで良かったです。